スポンサード リンク

スポンサード リンク

胸が痛い ストレス

胸が痛い症状はストレスから引き起こされることがあるので注意して下さい。

胸が痛い症状はストレスにより起こることがあり、酷くなると胸痛以外にも、動悸や窒息感、 胸がチクチクする、頻脈、息切れ、手足のしびれ、頭痛、耳鳴りなどの症状が起こる場合があります。

これらの症状は心臓病とよく似ており、ストレスなど精神的な要因で発症する心臓神経症と呼ばれる病気です。

心臓神経症を発症する人は精神的なストレスを抱えている人が多く、 胸痛や動悸などの症状を心臓病だと思い込んで病院で検査を受けますが、 心臓には異常がないので何回検査を行っても異常は見つからないのが特徴です。

心臓神経症の症状は心臓病とよく似ているので、まずは狭心症や不整脈との鑑別が重要になります。 検査の結果、心臓病ではないことが判明したならば、それらの症状は心臓神経症によるものなので、 医師の診断を信じて気にしないようにしましょう。

心臓神経症を発症する原因はストレスなど心理的なものが大きく影響していますので、 ストレスをためないようにすることが大切です。

転勤やリストラ、結婚や離婚、受験や就職などはストレスをためることが多く、 心臓神経症を引き起こす可能性が高くなりますので注意するようにしましょう。

ストレスなどの軽減が出来ずに心臓神経症の症状が治まらない方は、 心療内科や精神神経科を受診するようにしましょう。

心療内科や精神神経科を受診すると抗不安薬を処方されるので、不安感を取り除くことが出来ます。

スポンサード リンク


このページの先頭へ