スポンサード リンク

左 胸 痛み

左胸痛みがある時は、狭心症や心筋梗塞、心臓神経症の可能性があります。

あなたが左胸痛みを感じる時、その痛みはどんな感じ方ですか?

痛みの感じ方が、左腕、頸部、下あご、奥歯など、左側の胸が痛くなる場合は、狭心症が考えられます。

狭心症の症状は、左胸が突然痛くなりますが、安静にしていると10分以内で治まるのが特徴です。

狭心症の原因ですが、心臓の外側を取り巻くように走っている冠動脈が、何かの原因で狭くなると、十分な血液が送れないので心筋が酸素不足になります。

酸素不足になると心筋が胸に痛みをおこす物質を作くり、その物質が神経を刺激して左胸を痛くするわけです。

もし、この左胸痛みが30分以上続くようでしたら要注意です。

なぜなら、30分以上痛みが続く場合は、心筋梗塞の疑いがあるからです。

心筋梗塞は、命の危険につながる病気なので、すぐに病院に行ってください。

また、仕事での過労、ストレス等を多く抱えている時期に、左胸痛みのある症状が出た場合は、心臓神経症の可能性が考えられます。

心臓神経症というのは、心臓病のような、胸痛や動悸、めまい、呼吸困難などの症状が出るのに、検査をすると異常が見つからないという病気です。

検査をしても異常が見つからない場合は心臓神経症と呼びます。

心臓神経症は、ストレス、過労、不安感などが原因で不安が高まると心拍数が増え、動機や胸痛、呼吸困難などを引き起こします。

それが左胸付近の痛みにつながるわけです。

以上のような症状がみられる場合は、病院に行き専門の医者に診察してもらって下さい。

スポンサード リンク


このページの先頭へ